fruits roots

国産オーガニックコスメ&エステティックサロン

フルーツルーツコスメティック
成分一覧表

    • アロエベラ葉エキス
      アロエベラの葉から抽出されるエキスで、保湿作用がある。消炎効果もあり、肌荒れも防ぐ。
    • アンズ核油(種子エキス)
      アンズの種子を圧搾して得られたオイル。肌や毛髪になじみやすく、肌を乾燥から守る。
    • オウゴンエキス
      シソ科植物のコガネバナの根から抽出されたエキス。消炎効果、保湿効果がある。
    • オリーブ油
      モクセイ科植物オリーブの熟した果実から採取したオイル。肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れている。
    • オレンジ果皮油
      ミカン科植物オレンジ、またはシトラス属に含まれる果皮から得られるオイル。肌を柔軟にし、柑橘系の香りづけとしても使われる。
    • カッコンエキス
      蔦の根から抽出したエキスで、混合植物エキス(クロレラ、アロエ、カッコンの抽出エキスを混合したもの)のひとつ。
    • カミツレエキス
      カミツレの花から抽出されるエキス。強力な消炎効果がある。メラニン色素の生成を抑制する美白効果もある。
    • 甘草エキス
      マメ科植物甘草の根または茎から抽出したエキス。強力な消炎効果があり、肌荒れ予防、ニキビの予防、悪化を防ぐ。
    • クチナシ果実エキス
      アカネ科植物クチナシの果実から抽出して得られるエキス。消炎効果、鎮静効果、保湿効果に優れている。乾燥から肌を守り、肌荒れを防ぐ。
    • クロレラエキス
      クロレラの抽出エキス。保湿効果、細胞の機能を活性化させる効果が高い。
    • コメヌカ油
      イネ科植物イネのコメヌカから得られたオイル。肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れている。
    • コメ胚芽油
      イネ科植物イネの種子にある胚芽から得られたオイル。肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れているだけではなく、肌機能を活性化する効果も期待できる。
    • コメ発酵エキス
      イネ科植物イネのコメヌカを発行させた発酵液を精製して得られたエキス。肌機能活性化効果、保湿効果に優れている。
    • サボンソウエキス
      ナデシコ科植物サボンソウの葉、根等から抽出されたエキス。洗浄効果に優れていて、古い角質を取り除く。
    • シア脂
      中央アフリカに自生するアカテツ科植物シアの果実から得られるオイル。別名シアバター。肌の柔軟効果に優れ、水分保持効果の持続性にも優れている。
    • シラカバ葉エキス
      カバノキ科植物ヨーロッパシラカバ、または同属の植物の葉から抽出されたエキス。収斂効果、消炎効果、血行促進効果、殺菌効果など多くの効果がある。
    • セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
      オトギリソウ科植物セイヨウオトギリソウの地上部から抽出したエキス。皮膚細胞の活性効果、収斂効果、消炎効果などがある。
    • ゼラニウム油
      フウロソウ科植物ゼラニウムから抽出されたオイル。皮脂のバランスと整えたり、炎症効果、収斂効果がある。
    • ダイズ油
      マメ科植物ダイズの種子より得られた液状オイル。肌へのなじみが良く、柔軟効果にも優れている。
    • ダイズ発酵エキス
      マメ科植物ダイズを発酵させた後、抽出し精製されたエキス。発酵菌としては、納豆菌がよく使われる。肌表面に水分保持力の高い皮膜を作るので、持続性の保持効果に優れ、乾燥から肌を守る。
    • トウキンセンカエキス
      消炎効果、鎮静効果があり、肌荒れを防ぐ。敏感な肌に適した成分。
    • ヒマワリ油
      キク科植物ヒマワリの種子から得られた液状オイル。柔軟効果、水分の蒸発を防ぐ効果に優れている。
    • ブドウ種子油
      ブドウ科植物ブドウ種子から抽出した無色~薄黄色の液状オイル。グレープシードオイル。ビタミンEが豊富に含まれる。抗酸化作用やビタミンEのフルーラジカル消去作用があるので、単なる柔軟・保護成分としてのみならず、積極的なトリートメント効果が期待できる。感触的にも、さらりとした肌へのなじみが良い液状オイル。
    • ブドウ葉エキス
      ブドウ科植物アカブドウの葉から抽出されたエキス。収斂効果、消炎効果、保湿効果があり、キメを整え肌を引き締め、肌荒れを防ぐ。血行促進効果もある。
    • ホホバ油
      シムモンドシア科植物ホホバの実または種子から抽出した液状のオイル。サラッとした感触で、角層内の水分の蒸発を防ぐ効果が強い。
    • ミツロウ
      ミツバチの巣を溶融させてロウ分を採取して、精製したもの。乳化成分。
    • モンモリロナイト
      層状ケイ酸塩鉱物の一種であるスメクタイトに分類される粘土鉱物。みずみずしいゲル構造をつくる。水系の増粘成分として使われる。
    • ユズ種子エキス
      ユズエキス→ミカン科植物ユズの果実からエタノール溶剤で抽出されたエキス。収斂効果、保湿効果があり、肌のキメを整え、潤いのある肌を維持する。
    • リンゴエキス
      バラ科植物リンゴの果実からプロピレングリコール、または1,3-ブチレングリコールなどで抽出して精製されたエキス。保湿効果があり、柔軟で潤いのある肌を維持する。収斂効果によりキメを整える。
    • レモンエキス
      ミカン科植物レモンの果実から得られたエキス。収斂効果、保湿効果、美白効果があるため、夏用の引き締め成分として適している。
    • ローズマリーエキス
      シソ科植物マンネンロウの葉、花から抽出した芳香性のあるエキス。消炎効果、抗菌効果、抗酸化効果に優れているので、エイジングケア用、肌荒れ用、ニキビ用として多く使われる。
農場・工場長のご紹介
成分一覧
TOP