5078823_s
 

寒い季節になると、特に気になるのは、お肌の乾燥ですよね。スキンケアをしっかりしているつもりでも、気がつけばひじやひざがカサカサしていたり、身体中痒みを感じたりすることも珍しくありません。冬にも負けないお肌を手に入れるのって、やっぱり難しいのでしょうか。

冬に乾燥するのはなぜ?
寒い時期に特にお肌が乾燥してしまうのには、主に2つの理由が考えられます。

1つ目は、「湿度の低下」です。
本格的に寒くなる12月〜2月頃は、全国的に平均湿度がぐっと下がります。平均湿度が80%前後の夏と比べると、冬は平均湿度が55%ほどまで下がるのです。お肌に最適な湿度は65%~75%と言われていますので、冬は完全に下回っていることがわかりますよね。お肌は外気の湿度の影響を受けやすく、湿度が下がると角質層の水分が蒸発してしまうのです。ですから、湿度が下がれば下がるほど、お肌は乾燥しやすくなります。また、冬には室内で暖房をつけることが多いのも、乾燥の原因になってしまいます。部屋が暖まると湿度が下がり、よりお肌が乾燥しやすい環境になってしまうのです。ですから、暖房と加湿は必ずセットで使用することをお勧めします。

冬に乾燥する2つ目の理由は、「新陳代謝の乱れ」です。
私たちの身体は、寒くなると身体の熱が奪われ、体温が下がります。そうなると、一定以上の熱が奪われないように、皮膚の表面を流れる動脈を収縮させ、流れる血液の量を減らして放熱を抑えようとします。そのため、血の巡りは悪くなり、隅々まで栄養が行き届かなくなってまうことになります。結果、新陳代謝は乱れ、肌の調子が悪くなり、乾燥しやすくなるのです。

乾燥してるってどんな状態?
湿度の低下や新陳代謝の乱れで乾燥したお肌は、具体的にどのような状態になっているのでしょうか。乾燥していると、お肌のバリア機能は低下してしまいます。細胞間脂質や水分が減って、角層細胞1つ1つがはがれやすくなっているのです。そうなると、少しの刺激で細胞は傷つき、さらに細胞間脂質や水分が逃げやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。乾燥による痒みやヒリヒリは、このように肌が傷ついて起こってしまっているのですね。

冬の乾燥にはオーガニックオイルがお勧め。
すでに傷ついたお肌は、刺激にとても敏感になっています。ですから、潤いを取り戻そうと刺激の強いものを使うより、なるべく刺激の少ないもの、オーガニックなものがお勧めです。特に、お顔にもボディにも使えるマッサージオイルなら、血行を促進しながら潤いを与えることが出来るので、冬の乾燥対策にはピッタリですよ。

「フルーツルーツ」の「マッサージオイル」は、お肌に潤いを与えるだけでなく、血中にも有効成分を届けてくれる優れものです。
ベースはブドウ種子油を使用しているので、刺激は少なく肌なじみも抜群です。乾燥しているお肌ならぐんぐん吸い込んでくれるから、
拭き取りの必要を感じないかもしれません。お好みに合わせて、爽やかなオレンジ&レモンの香りの「リフレッシュ」エイジングケア効果の期待出来る「リラックス」貴重な国産無農薬栽培ダマスク薔薇をふんだんに使った「ロマンティック」の3種類から選べますよ。
このオイルは、浴槽に数滴垂らしてバスオイルとしても使えるのも、嬉しいポイントです。もちろん無農薬栽培原料を使用し、合成着色料や合成香料などは使用していませんから、安心して使えますね。

◆フルーツルーツ  マッサージオイル3種

https://www.fruitsroots.com/cosmetic/body/#oil
oilimg_202108

最後に
乾燥肌対策には、栄養バランスの取れた食事や十分な睡眠、肌を清潔に保つことなども大切なポイントです。また、健やかな肌をキープするために、冬だけでなく一年中マッサージオイルなどでケアすることも、忘れないでくださいね。